句集歌集自費出版サイトトップへ戻る      資料請求ページへ

 原稿/納期/オプション


本文百頁で1頁1句(首)〜3句(首)立て(50部未満)
●50部未満のご注文は、1頁1句(首)〜3句(首)立て×本文100頁の定型レイアウトの、百〜三百句(歌)集となります。他にカラー扉、あとがき2頁(400文字)、奥付(最終頁)が付きます。


50部以上の注文では4頁単位の増(減)頁可能
●50部以上のご注文では、オプションで4頁単位で増(減)頁することが可能です(例えば、3句立て×120頁で360句集とする。別途見積り)。範囲はー20頁〜+60頁まで。

50部以上のご注文では、オプションで目次、中扉、(標準のあとがき以外に)序文等が付けられます。あとがきの頁を増頁して文字数を増やすことも可能です(別途見積もり)。


オプション(写真挿入)について
● 扉の次にオプションで、発注者様がご用意された口絵写真(絵画)が入れられます。 基本料2千円+@100円×部数です(例30部で5,000円)。
期間限定年内、無料サービス実施中。


原稿は棒打ちのテキストファイルで(原則)
●原稿は棒打ちのワード(又は一太郎)ファイルで、FD(フロッピーディスク)、CD又はメモリースティクに、プリントアウトした紙原稿を添えて入稿して下ださい。上記以外にメールにファイル添付でも可能ですが、プリントアウトした紙原稿の別途郵送が必要になります。レイアウトや書体の変更は当方でします
●句(歌)は行頭から不必要な字アケは作らず入力、句(歌)末でのみ改行マーク(リターンキー)。俳句は1行書き。短歌は2行書きで、1行目は改行マークを打たずに折り返し、1首の最後にのみ改行マークを打って下さい。不必要な文字修飾は不可です。句(歌)と句(歌)は行を詰めずに、1行アケで統一して下さい。

●一太郎文書、ワード文書の代わりに、それ以外のテキスト文書でも可能の場合が少なくありません。製造期間後期のワープロ専用機の文書も変換可能の場合もあります。ご相談下さい

●原稿の内容は正しいものとして扱います(校正は発注者様責任です)。


手書き原稿で入稿も可(オプション)です
●テキストファイルの原稿が用意できない方は、手書き原稿用紙で入稿下さい100句(首)に付き4千円(6千円)の料金が別途必要になります。

●A4サイズ20字×20行の原稿(厳守)に黒色筆記具で明瞭に(字色の薄いもの不可。明瞭なコピーは可)お願いします。

●原稿の内容は正しいものとして扱います(校正は発注者様責任です)。


予約制が原則、即注文も大歓迎。納期は入稿確約日から原則50日
予約時(2分の1の前金必要)に何ヶ月後(最長10ヶ月)かの入稿日を確約する「予約制」が原則。1ヶ月につき1%の予約割引をさせて頂きます。原稿がまだ整っていないとき、早めに予約することにより、予算を節約出来ます。(詳細は請求資料にて)

●原稿が整っていれば、「即注文」も勿論大歓迎。2分の1の前金を添えて入稿願います。

●納期は入稿確約日から原則50日(1ヶ月=30日で計算)です。

●手書き原稿用紙での入稿では納期は入稿確約日から60日です。

●期間内に年末年始、ゴールデンウィーク、盆休みが掛かる時はプラス7日です。

●入稿日から約20日(手書き原稿は30日)後に、実際と全く同じに作成した1冊を作成し、著者校正用として発注者様に送付します。発注者様は受領後原則7日後に校正を済ませ送り返して下さい。著者校正が発注者様側の都合で遅れた場合は、納期は後にズレます。


資料請求ページへ

俳句集短歌集自費出版トップへ戻る